大学中退後、フリーターを経てお笑いの道へ…。そして挫折。サラリーマンから独立して経営者へと。高学歴には負けないぜ!人生の大逆転をしてみせる! まあ見ておけよ。

    元芸人社長山本ケーイチ

    Author:元芸人社長山本ケーイチ
    こんにちは。昔福岡大学除籍になり、超のつくアガリ症ながらも、【福岡吉本】でお笑い芸人を2年していました。売れない芸人生活で借金も増え、再度フリーターの道へ。その後、何とか社会復帰してサラリーマンになる。厳しい飛込営業で鍛われ31歳で起業!今は創業6年目!挫折と苦労の連続ですが、夢と希望をもち頑張っています!現在は「SPツール」や「WEBマーケティングの塾」「講演会」などを開催しています!人生は「お笑い」だ!

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    お盆の旅行で、別府に行ったんですが、やはり野生の猿がいる「高崎山」はいつ行ってもいいですね!

    何が良いかというと、人間よりも統制のとれた感じや仲間意識の強いところ、それと何といってもαオス(以前のボス猿の事)のドラゴンの生き様が好きなんですYO!

    Image555.jpg

    もちろん、既にお亡くなりになっているんですが、このドラゴンのエピソードは涙が出ます…。

    ドラゴンは生まれつき両手の指が合計5本しかない。

    更に、小猿を守ろうとして餌場の下を走る列車にはねられ右腕の第二関節から切断(つまり片手)

    仲間を守るために、一人でセントバーナードに立ち向かったかと思えば、病気の子ザルを雨に濡れながらじっと見守ったという逸話が残る名ボスだったらしい。

    とにかく、今の人間よりも、厳しく、慈悲があり、懐の深いボスなのである。

    Image556.jpg

    最後は「たくさんの野犬が吠えていた日、ドラゴンはいなくなった。最後に見たのは、たった一頭で山へ入っていく17歳の後姿じゃった…」


    Image553.jpg

    孤高で気高く、何事にも媚びず最後はこういうラストシーンを迎えたいもんですな…。


    不自由な手でだきしめて―母になった高崎山のサル「サヤカ」 (感動ノンフィクション)不自由な手でだきしめて―母になった高崎山のサル「サヤカ」 (感動ノンフィクション)
    (2007/10)
    島田 和子

    商品詳細を見る


    これはサヤカ。


    お客様の声です。東京都新宿の総和地所様。



    にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1
    スポンサーサイト


    2009/08/16 14:29|徒然TB:0CM:0

    管理者にだけ表示を許可する

    Copyright(C) 2006 元お笑い芸人社長の「道から外れる事こそ人生」 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。