大学中退後、フリーターを経てお笑いの道へ…。そして挫折。サラリーマンから独立して経営者へと。高学歴には負けないぜ!人生の大逆転をしてみせる! まあ見ておけよ。

    元芸人社長山本ケーイチ

    Author:元芸人社長山本ケーイチ
    こんにちは。昔福岡大学除籍になり、超のつくアガリ症ながらも、【福岡吉本】でお笑い芸人を2年していました。売れない芸人生活で借金も増え、再度フリーターの道へ。その後、何とか社会復帰してサラリーマンになる。厳しい飛込営業で鍛われ31歳で起業!今は創業6年目!挫折と苦労の連続ですが、夢と希望をもち頑張っています!現在は「SPツール」や「WEBマーケティングの塾」「講演会」などを開催しています!人生は「お笑い」だ!

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    昨夜、プロレスラーの三沢光晴が亡くなった。

    享年46歳。

    まだ46歳。

    僕の高校時代は毎週「三沢光晴対ジャンボ鶴田」の会話でもちきりだった。

    大のプロレスファンの僕が一度だけ三沢さんに声をかけてもらったことがある。

    以前「博多スターレーン」に興業で来たときに、本当はマナー的に良くないのだが、握手して欲しさにホテルまでこそこそ着いて行った。

    そこを若手レスラーに見つかり「ダメダメ!着いてくるな!こらっ。」と言われたところ、三沢さんが「お前が言うな。いいじゃねーか。握手くらい。」と言って気持ちよく握手してもらった。

    かなりごつい手。

    男の手とはこういう手なのかと大学生の自分は衝撃を受けた。

    経営者的観点で言えば、数か月前プロレスリングノアの中継が終わり、資金的にも、今後の事も苦労されていたであろうと思う。
    この感覚はサラリーマンには絶対分からない

    数多くのレスラーを抱えているプレッシャーなど想像がつく。

    但し、レスラーがリング上で死ぬのは本望だと思うし、言葉は悪いが「天命」じゃないかと。

    三沢さんのご冥福をお祈りします…


    酒蔵の皆様、のぼりはエンドラインで



    にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1
    スポンサーサイト


    2009/06/14 09:40|徒然TB:0CM:0

    管理者にだけ表示を許可する

    Copyright(C) 2006 元お笑い芸人社長の「道から外れる事こそ人生」 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。