大学中退後、フリーターを経てお笑いの道へ…。そして挫折。サラリーマンから独立して経営者へと。高学歴には負けないぜ!人生の大逆転をしてみせる! まあ見ておけよ。

    元芸人社長山本ケーイチ

    Author:元芸人社長山本ケーイチ
    こんにちは。昔福岡大学除籍になり、超のつくアガリ症ながらも、【福岡吉本】でお笑い芸人を2年していました。売れない芸人生活で借金も増え、再度フリーターの道へ。その後、何とか社会復帰してサラリーマンになる。厳しい飛込営業で鍛われ31歳で起業!今は創業6年目!挫折と苦労の連続ですが、夢と希望をもち頑張っています!現在は「SPツール」や「WEBマーケティングの塾」「講演会」などを開催しています!人生は「お笑い」だ!

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    7年前を思い起こすとまだ社会に出たての27才だった。


    就活もとにかく受けまくった。あの時は「冬の時代」だったのでレベルなど関係なく。


    確か10社受けて8社くらい受かったかな…。前職?が面白いと言うことで。


    小さい所(社員2人)から東証1部まで。


    一番嫌だったのは22歳ぐらいの課長が出てきた会社で(もう潰れたけど)タバコを吸い、足を組んで面接していた奴がいた。


    こちらからお断りしたけど。


    当時僕はなんて生意気なんだろうと思うことを面接でも言っていて(世間しらずなんですね)それは「会社も人を選ぶだろうけど、僕も会社を選びます。」と。



    しかし…
    よくよく考えると当たり前なんですよね。これ。


    僕の考えでは会社と面接を受ける人は50:50です。

    結果的に最後は選考と言う形になるとしても。


    よく面接官とかで高飛車な人いるけど、そのような会社はまず辞めるべき。確実に幸せになれません。




    僕はとことん面接で話し合いたいと思う。何時間でも。


    お互いの本音で話しをし入社してからのミスマッチだけは防ぎたい。



    若者がすぐ辞める理由は忍耐力の低下もそうだが会社がしっかり業務内容を伝えてないからもあるだろうな…
    スポンサーサイト


    2007/05/14 14:16|仕事TB:0CM:1
    はじめまして!!
    はじめまして!!突然メールしてしまい申し訳ありません。ブログ読ませて頂いて色々お話お聞きしたいなと思いメールさせて頂きました。宜しければzidane_kita@yahoo.co.jpまでご連絡頂けませんか?色々お話できましたら、うれしく思います。
    けい #-|2007/05/15(火) 04:53 [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する

    Copyright(C) 2006 元お笑い芸人社長の「道から外れる事こそ人生」 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。