大学中退後、フリーターを経てお笑いの道へ…。そして挫折。サラリーマンから独立して経営者へと。高学歴には負けないぜ!人生の大逆転をしてみせる! まあ見ておけよ。

    元芸人社長山本ケーイチ

    Author:元芸人社長山本ケーイチ
    こんにちは。昔福岡大学除籍になり、超のつくアガリ症ながらも、【福岡吉本】でお笑い芸人を2年していました。売れない芸人生活で借金も増え、再度フリーターの道へ。その後、何とか社会復帰してサラリーマンになる。厳しい飛込営業で鍛われ31歳で起業!今は創業6年目!挫折と苦労の連続ですが、夢と希望をもち頑張っています!現在は「SPツール」や「WEBマーケティングの塾」「講演会」などを開催しています!人生は「お笑い」だ!

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1


    こんにちは。

    ご存知のように去る2011年3月11日に東北大震災という未曽有の災害が日本を襲いました。

    地震と津波、原発事故まで。。

    東日本は壊滅的な打撃を受けたました。

    未だに原発問題は解決していません。


    先日どなたか忘れましたが、著名な方が
    「今後は西日本より東日本の方が景気が良くなる。それは復旧特需だけではなく、震災と言う未曽有の災害を乗り越えた生き残った人たちが、精神的にもたくましくなり、これからの日本を支える。西日本は直接災害はなかったが、目に見えない恐怖に怯えていて消費が縮こまっている」と話されてました。


    なるほど。。。。


    確かに僕もそう思います。

    ドラゴンボールのスーパーサイヤ人じゃないですが、一度厳しい目にあった人間は確実に強くなると思います。


    営業をしていて思うのですが、あまりにも「暗い」「後ろ向き」な人が世の中に多すぎる!と思います。


    確かに先の見えない時代ですから、暗くなる気持ちは分かります。

    が、逆にこういう時代だからこそ「一歩でも前に足を踏み出さねばならない!」と思います。


    いや、1ミリでもいいと思います。


    では、我々の様な凡人がどのようにしたら前に踏み出せるのか?


    それは「自分の理念と使命を明確にすること」だと思います。


    何それ?

    そんな事考えた事ないし、必要なの?


    と思われるかもしれませんが、残念ながら必要な事です!


    先程の震災の話しに戻りますが、地獄を見た人間は自分の「理念」と「使命」に気付きます。

    楽天の三木谷社長は「阪神大震災を経験して、自分の使命に気付いた」と言っています。


    一度、自己と見つめ合ってください。



    「会社や自分の理念は何か?」

    「なぜこの会社をやっているのか?または勤めているのか?」

    「過去自分はどのような事を大事にして生きてきたのか?」

    「これからどうしたいのか?」

    「自分しか出来ない使命は何か?」

    「そして、どう世の中によい影響を与えるのか??」



    何度も何度も自問自答して、会社で議論していく必要があると思います。

    そうすれば、自分の軸がおぼろげながら見えてくるので、将来の不安や後ろ向きな思考はなくなるでしょう。

    この時代で一番必要な事は「自社の存在意義」「明確な価値観」「未来のイメージ」です。



    右手に「理念」、左手に「使命」という武器を持つ事で、自分の存在意義や価値観を明確にし、自己成長の風を感じながら、明るい未来を作っていきましょう。


    僕も微力ながら「日本」や「福岡」を明るくしたいと思います。


    ザ・ビジョン 進むべき道は見えているかザ・ビジョン 進むべき道は見えているか
    (2004/01/08)
    ケン・ブランチャード、ジェシー・ストーナー 他

    商品詳細を見る




    スポンサーサイト


    2011/07/28 17:36|徒然TB:0CM:0
    にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1


    お久しぶりです。

    忙しくて、なかなかブログを書く時間がありません…。いいわけですが。

    さて、今日は「目標は大きい方がいいのか?届きく範囲の方がいいのか?」と言う事について。

    経営でも仕事でも、大きな夢を持て!大きな目標を持て!と言いますが、果たしていいことなのでしょうか?

    その事について、お笑い時代の事も含めちょいと触れてみますね。

    ブログのお題通り、かつて私は「お笑い芸人」を数年していました。

    入りたての時は「ダウンタウン」さんみたいになる!と思い、吉本の門を叩きました。

    入ってみるとあまりのレベルの高さに、ダウンタウンさんになりたい!という夢は打ち砕かれ、とりあえず地方のラジオでもレギュラー持てたら…と目標は縮むばかり…。

    では、その過程で「本当に努力」したのか?と問われたら、否です。

    努力する前に諦めていました。

    この世界ではやっていけないと。

    目標が縮こまると、活力がなくなるんですね。

    さて、ここで最初の話ですが、大きな目標はいいことかどうか?と言う事なのですが、僕の答えは「夢と目標は大きな方がいい」と思っています。

    やはり目標や夢が小さいと、自己成長も低くなり、自分の身の回りの人間も志が低い人が集まります。

    目標が大きい=リスクが高いと言う事も違います

    自分自身、かなり堅実なタイプではありますが、堅実=こじんまりしている わけではありません。

    然るべき目標に向かい、一歩づつでも近づいていく。

    その一歩の幅が大きいか小さいかは人それぞれでしょう。

    私は一歩が小さい方です。

    目標が小さい時って、日々がつまらないんです。

    大きな目標の事を話している時、回りからはホラ吹きだな~と思われても自分が楽しいからいい。

    社員も取引先さんもそれで付いてくる人でいいと思っています。


    2011/07/10 12:32|徒然TB:0CM:0

    Copyright(C) 2006 元お笑い芸人社長の「道から外れる事こそ人生」 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。