大学中退後、フリーターを経てお笑いの道へ…。そして挫折。サラリーマンから独立して経営者へと。高学歴には負けないぜ!人生の大逆転をしてみせる! まあ見ておけよ。

    元芸人社長山本ケーイチ

    Author:元芸人社長山本ケーイチ
    こんにちは。昔福岡大学除籍になり、超のつくアガリ症ながらも、【福岡吉本】でお笑い芸人を2年していました。売れない芸人生活で借金も増え、再度フリーターの道へ。その後、何とか社会復帰してサラリーマンになる。厳しい飛込営業で鍛われ31歳で起業!今は創業6年目!挫折と苦労の連続ですが、夢と希望をもち頑張っています!現在は「SPツール」や「WEBマーケティングの塾」「講演会」などを開催しています!人生は「お笑い」だ!

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    ちょいと前に購入したこの本。


    365日で読めるようになっているが、180日経っているのに20Pしか進んでいない。
    ドラッカー 365の金言 ドラッカー 365の金言
    P.F.ドラッカー (2005/12/02)
    ダイヤモンド社

    この商品の詳細を見る




    まさに哲学書の域。
    スポンサーサイト


    2007/06/30 22:49|TB:0CM:0
    エンドラインをグーグルでまた今日も検索してみた。


    今日は…


    「卓球のサービスの位置についてサービスは台のエンドラインの外、とは 」




    …もう止めよう。

    2007/06/29 22:45|お笑いTB:0CM:0
    全くどうでもいいことですが。


    グーグルで「エンドライン株式会社」を検索してみました。



    ふむふむ。


    やはり、バスケットとか出てきたり、わが社の名前も出てきたり。



    おっ!そこになんと。「浅尾美和」が検索に引っかかってます。


    ビーチバレーで「エンドラインを割り…」とかなんとか。



    その上に「エンドライン株式会社」が。隣どうし。



    「浅尾さん」となんかお近づきになれたと思う、幸せな今日この頃です。

    2007/06/28 23:46|お笑いTB:0CM:0
    昨日、弊社が取引させていただいているソフトブレーン・サービス株式会社のwebコンサルタントの神谷さんと打ち合わせをさせていただいた。

    現在の状況分析、今後の道筋などを話し合わせていただき、なんとなくぼんやり形が見えてきた。


    新事業。大げさかもしれないが自信はあるが、当たるか外れるかはやってみないと分からない。


    早ければ秋くらいからベールを脱ぐかもしれないので乞うご期待!

    2007/06/27 18:11|仕事TB:0CM:0
    福岡には「福岡証券取引所」がある。


    今は全国に「東証」「大証」「JASDAQ」「名証」「札証」「福証」がある。


    電子化により、地方証券取引所の意義が薄れ、数年前に「広証」も無くなった。


    日本は証券取引所が多いみたいで、合併・統合が叫ばれている。


    しかし、個人的にやはり地方都市にも証券取引所はあるほうがいい。


    活力の源にもなるし、なんでもかんでも大都市一極集中というのもなあと思うし。


    「福証」は積極的な営業のお陰で、少し息を吹き返していたが最近また内部統制が厳しくなったことや、「日本版SOX法」のせいか新規上場が止まったままである。



    僕は東京一極集中がどうかと思う。


    福岡本社企業も、すぐに東京に本社機能を移す。

    確かに情報戦略として、世界戦略としてもいいだろう。


    しかし全てそれでは、首都に魂を売った感じがして、田舎モノとしては悔しいのである。


    うちは永遠に福岡本社でありたいですな。


    その為に福岡証券取引所は存続して欲しいと思っております!(お世話にもなっているし。)





    2007/06/26 07:34|社会TB:0CM:0
    30歳も過ぎ、半ばにもなるといろいろと難しく考えてしまうことがある。


    仕事もプライベートも。



    イチローが言ってたかな?「こころの贅肉をそぎ落とす」と。


    僕はよく人から「いろいろな経験をしてきましたね。」と言われる。


    果たしてそうだろうかなー?



    大学中退~現場作業員~お笑い~フリーター~ニート~サラリーマン~社長。


    確かにそんな風に見える。



    まだまだ駆け出しなので人生哲学などないが、昔から一つだけ決めている事がある。


    それは

    自分が最後死ぬときに極力「ああ、これしておけば良かったな~」と言う台詞を言いたくないという事。


    今は「お笑い」や「大学中退」や「社長になり、リスクを背負う人生」などには全く一点の陰りも無く後悔していない事である。


    居酒屋で「昔は良かったよ!楽しくてさ。」なんて台詞は言いたくないし。現実にも一度も言った事無いんじゃないかな?


    今日より明日の方がいいし、明日より明後日のほうがいいと勝手に思っている(笑)


    過去を振り返るのはリタイアしてからで、十分できる。


    そんなこんなの毎日です!

    2007/06/25 16:25|仕事TB:0CM:0
    最近、牛と偽り、豚や鶏を混入している事件があった。


    「ミートホープ」と言う若手お笑い芸人みたいな名前の会社である。



    しかし。可哀想である。



    なにが?



    消費者?業者?




    いやいや。






    鶏や豚がである。



    いつもいつも、牛より下に位置している豚や鶏。


    しゃぶしゃぶでも焼肉でも、豚や鶏は脇役さ。



    しかも食用として殺され、尚且つはずかしめを受ける。

    「牛100%じゃないんですよね?豚や鶏が混入されているんですよね?」



    「おいおい。俺たちだって、人間のために殺されたんだぜー。そこまで言うなよー。」とあの世で言っているはず。



    捕鯨は禁止で、牛は食用とする「アングロサクソン」はよく分からないが差し詰めランキングで言えば 鶏→豚→牛→鯨かな?


    ちなみに、魚と馬刺しはどこの間かな?コメント求む。

    2007/06/24 23:24|社会TB:0CM:0
    このブログ始めてもう半年。



    前も書いたけど、応援してくれている方々が増えて感謝です。




    その反面…社長という立場もあり(たいした立場ではないが)、なかなか「これ書きてー」とか言う話も書けなかったりするんですよね。


    だけど、たまに辛辣なコメントもイタダキありがたい限りです。



    最近忙しかったけど、また時間の許す限り、毎日更新致します!


    それじゃ!

    2007/06/23 19:17|仕事TB:0CM:0
    1月に書いたこのブログがなんか人気だったみたいで。再度載せてみます。


    手抜きじゃないですよ(笑)



    これは以前芸人を始めた頃のお話…



    僕は「福岡大学」と言うコンビで初舞台を踏もうとしていた。「本当に約束してくれた通り来てくれるだろうか?」
    僕は初舞台の緊張よりもその事が気になっていた。



    その事とは?………





    僕が中学生の頃、超内気で人と話すのも嫌だった。もちろん話す人もどちらかと言えば少々おとなしめな人ばかり。
    中1の最初、出席番号順に座ったりするじゃないですか?僕の前の人が「ヤスオカ君」と言う人でとにかく最初からクラスでも目立っていた。しかもサッカー部に入っていてとても上手く、更に面白かった。またとても頭も大きかった。(特に後頭部。ルチ将軍みたい。分かるかな?)




    まあ僕とは関係ない人だな…と思っていたら、授業中にかなり大声で話しかけてくるのなんのって。
    例えば「○○○○○やな~ なあ?山。」とかいきなり絡んでくるのでアドリブで返さなくてはいけなった。
    僕は当時自己紹介(ありますよね?1学期の最初に。)さえもとにかく嫌で目立たないように生きていた。人前大嫌い。
    そういう性格だから授業中に話しかけられたり、ツッコミを入れられたりそりゃーとてもとても恥かしかった。と同時にうれしかった。




    僕に頭の中でも昔から面白いことは考えてはいたけど性格的に発表する方でもなかったので様々な事が「脳」と言う名の倉庫にしまわれていた。





    ヤスオカ君のお陰で僕もだんだん授業中とかも発言したり、多少面白いこともしたり日々変わっていった。彼との出会いがその後高校~大学~お笑い~経営者 とのサクセスロード?に導いてくれたと言っても過言じゃないし、とにかく当時から彼には感謝していた。
    中学卒業してからは高校も別々なので、特に会うこともなく、彼との事は記憶の彼方に薄れていった…







    その後、僕がお笑いを始めようと思ったとき(以前書いた通り)突然フラッシュバックしたかの様にヤスオカ君の事を思い出した。
    なんだか初舞台を親友でもなく、親でもなく、彼にみてもらいたい!と言う気持ちがこみ上げてきた。が、もう9年近く経っていて連絡先も分からないし、何をしているかも分からない。
    とにかく友人やそのツテを頼り今現在も仲が良いと言う人までたどり着いた。僕はヤスオカ君本人ではなくその友人に初舞台のチケットを渡しその当時からの思いを話した。
    するとその友人は「あいつ今離れているところにいるし、仕事も忙しいから無理と思うよ。平日の19時は厳しいやろー。」
    そりゃそうだな…平日の19時なんてみんな仕事だよなー。仕方ないか…。



    舞台の当日。



    半分期待。半分諦めの境地で迎えた本番。



    「はい。どーも。福岡大学でーす。」勢いよくとびだす

    初舞台。頭、真っ白… なんか受けてるよ。お客さん笑っている。



    みんな笑っている…笑っているその先のヤスオカ君が!
    9年前と変わっていない頭。仕事抜け出してきてくれたんだあ。



    ありがとう(興奮!)



    そして…



    舞台も無事終わり、入り口の方に行ったらヤスオカ君がいた。
    僕が「久しぶり!今日はありがとうね。で今日どうやった?」
    自身満々に聞いてみる。
    「オモロカッタよ。まさかあの山がこんなんなるとはなー?!ビックリや!」
    おっ!初めて褒められた!
    「やけど、俺のほうがまだ上やな。ケッ ケッ ケッ。」と笑い花束をくれた。
    彼は「仕事があるから、帰らないといかんわ。」と言いそそくさに帰って
    いった。



    僕はお礼も言えずに花を持ちたたずんで夜の明かりに消え行く彼に心の中で叫んだ。



    「ありがとう。俺頑張るよ。」


    2007/06/22 23:15|お笑いTB:0CM:2
    誰も買わないだろう。


    超マニアックな本。
    ヘラクレス図鑑 ヘラクレス図鑑
    「月刊モテカブ」編集部 (2006/12/22)
    ゴマブックス

    この商品の詳細を見る



    大証ヘラクレスに興味があり、たまに拝見。

    2007/06/21 19:12|TB:0CM:0
    よく社内でわが社の社員に怒ることがある。


    うちは社員平均25歳で非常に若い。だから指導するべきところはしていかないといけないと思う。…と偉そうに話しているが、25歳の頃の僕はよく考えると「なんじゃそらっ!」でした。



    例えば、高い服を買いあさる。今もあるのかな?ヒステリックグラマー、APC、アバハウス。→かなりの借金(汗)

    朝と夜の逆転生活。だいたいありがちな笑っていいとも!の時間に起きる。調子が悪ければ ごきげんよう の時間…


    基本的に週6日バスケット。→やりたい事しまくり。



    と言う風にかなりテキトーでな~んも考えてない私生活。


    25歳で働いているってすげーよなーとたまに思っちゃいます。

    2007/06/20 23:11|趣味TB:0CM:0
    昨夜、懐かしの猿の惑星が放映されていた。


    昔のリメイク版だろうか?



    ストーリーも全く違いなかなか白熱であった。


    PLANET OF THE APES/猿の惑星 PLANET OF THE APES/猿の惑星
    マーク・ウォルバーグ (2007/03/23)
    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

    この商品の詳細を見る


    2007/06/18 21:33|映画TB:1CM:2
    昨日アクティビストで有名なファンド、スティール・パートナーズのリヒテンシュタインが来日していた。



    今日は手短に。




    「日本人をなめるなよ!」

    2007/06/13 19:55|社会TB:0CM:0
    最近このブログの閲覧が増えているらしい。ありがたいことである。

    今宵は「採用」について。


    5月から続いた「エンドライン」の単独会社説明会も無事4回とも終了した。いろいろな学生に来ていただき、また面接にもきてもらった。

    うちみたいな規模にわざわざありがたいことである。


    で、説明会や面接で思ったこと。


    自分が説明会で話すこと(いわゆる社長が話すこと)が非常に珍しいらしい。


    それを聞いて??????な気分である。



    売上高が100億で従業員が500名!とかなら分かるが、地場の中小企業のクセに(うちは中小じゃなく零細)説明会を人事に話させるらしい。

    しかも、資料に書いてある通りの事を読み上げて質疑応答で終わり。



    これは馬鹿にしすぎでしょう。



    そもそも説明会と言うのは、その会社がどんな会社か?どんな人か?ごんな仕事か?そしてどんな経営者がしているのか?がみたいはず。


    特に「カネない、モノない、ヒトない」の中小・ベンチャーは社長が唯一の魅力なはずである。(そうじゃない場合も多いが…)


    そのTOPが穴熊のように出てこないで、偉そうに最終面接だけ出てきて偉そうに選んでやる的な感じでやっていても駄目でしょう!


    また厄介なことにそういう経営者に限って「人材がいない」とか「若い子はすぐ辞めるんだよなー」とか言いそうである。


    やはり説明会から社長が出てきて、熱弁をふるい(僕は緊張して冷弁でしたが…)熱い想いを出していくのが絶対筋である。
    また来てもらっている学生にも失礼である。



    面接していて「話していることと雰囲気が違う会社が多い」と言う声も多かった。



    自分たち企業も真剣に考えないといけないんじゃないですか?



    僕は100人に社員がなっても必ず「説明会」は自分で話す。会社は人事では分からない社長のみぞ知る深い想いがある。
    それは伝え続けたい。


    うちは厳しく成長できる人間たちが残り、同じ目標を叶えるために一つになっていける仲間を増やしたい!



    意見あれば下さい。以上




    2007/06/12 19:12|仕事TB:0CM:2
    周知の通りグッドウィルグループのコムスンが、事件を起こした。


    とにかく内情はひどいものみたいである。


    連日連夜、折口会長がテレビで悲痛(に見せかけてるのか?)な表情で尋問されている。


    前から思っていたこと。


    人の善意で成り立つ「介護」と外部資本を受け入れて、四半期で業績を見られる「上場企業」とは水と油じゃないだろうか?


    そもそも「介護で売り上げをあげる」と言う意味が分からないし、上場企業が食い物にするほど介護は美味しいのか?…


    ボランティアで一生懸命介護をしている人間もいれば、食い物にしている人もいる。

    考えてみれば数年前「介護事業は伸びる」なんて言われていた時期があり、その言葉の意味のおかしさに気づくべきであった。



    グッドウィルの譲渡の受け皿に「ワタミ」が手を挙げているらしいからこれもお笑い種だ。


    企業には企業理念があり、それに基づき行動している。この理念が全ての判断基準になり。指針となる。


    しかし、良くみると本当に理念は正しいのだろうか?

    例えば低価格の回転寿司屋の理念に「食の安全」とか書いてあるが、本当に安全なのか?安全なものが100円で寿司として食べれるのか?

    他にも、いろいろな企業理念があるがどれもうそ臭い。


    そういう弊社にも「社会貢献」などという理念が数ヶ月前まであった。
    しかし、その嘘に気づき年明けてそれは外してしまった。


    なぜか?



    社会貢献は漠然としなければならないし、したいけれども、それが何なのか?またそれをする余裕など我々に今は無いというのが理由である。

    今出来るのは税金をしっかり納める事ぐらいと若い社員の教育くらいの貢献しか出来ないが。




    もう今後は見せ掛けではなく本当にあるべき姿を晒して、愚直に邁進し、本当の意味での社会貢献を出来る企業、人のみ残っていくのだろう。



    そういう社会であって欲しいものである。

    2007/06/11 21:11|社会TB:0CM:2
    少々前にこの曲を朝一聞いて営業回ってたなあ。

    聞いたときはなぜか調子がムチャ良かった!


    なんか自然とノルンデスヨネ~。
    ブロードキャスト・トゥ・ザ・ワールド ブロードキャスト・トゥ・ザ・ワールド
    ゼブラヘッド (2006/04/26)
    ソニーミュージックエンタテインメント

    この商品の詳細を見る




    この中の「アンセム」と言う曲が最高です!以上

    2007/06/10 16:07|音楽TB:0CM:0
    最近思うのがいろんな看板屋やのぼりやPOP屋がいる中で、本当にノウハウを持っている会社はどのくらいだろう?


    請負で制作する会社、高いものを作らせる会社、顧客の言うがままに制作する会社……



    しっかりと集客効果がでる看板などを提案できる会社って少ないよね。



    集客UPに困っている個人飲食店さんなどに今後は弊社のノウハウと価値を提案しよう。


    ただ今それを思案中。

    2007/06/09 15:35|仕事TB:0CM:0
    営業をしていて不思議なこと。


    色々な会社があり、色々な営業マンがいる。同じものを扱っているのに会社や人によりさまざまな結果がでる。


    なんだろう?



    飲食店で考えてみても、繁盛する店しない店。その差は?



    それは細かい積み重ねにあるのかな?



    接客、メニュー、サインなど、色々なものが混ざり合い結果が変わるのだろう。



    そういえば、夏過ぎからぼちぼち違うスタイルでの違う事業をスタートしまーす。お楽しみに。

    2007/06/08 19:27|仕事TB:0CM:0
    最近忙しくなかなか書き込む時間が…


    なぜだろうか?

    株式会社に変わり煩雑な手続きが増えたり、新卒採用をしたり、営業したり、事業計画練ったり、営業プロセスを見直したり…。

    限られた時間をどう使うか。


    体が二つ欲しいなあ。

    2007/06/07 20:26|仕事TB:0CM:0
    20歳のころから弱い社会人バスケを立ち上げ32歳で引退するまでさまざまな人たちが所属しては去っていった。


    例えば…

    「ピチパン○矢」…バスケはだいたいウェアはダブダブである。そんな中彼は、ジョギング用の超短いパンツをはいてバスケをしていた。短いのでかなり心配になってしまう。彼は「ピチパン(ぴちぴちのパンツ)○矢」と名づけられた。


    「よく分からん外国人」…ほんとによく分からないが白人が来ていた。えらい毎回石鹸臭かったのを覚えている。


    「ぷっちん」…彼はなぜか毎回シャツが汗臭い。白人と彼が同じチームだとにおいがまざる。元ジョイ○ルの店長。


    書き出すときりが無いので今日はここらで…




    2007/06/04 20:31|友達TB:0CM:0
    毎日続けるはずのブログ。


    ちょいと忙しくてさぼっちゃいました。





    さて、僕たちは6月1日より株式会社に変更しちゃいました。


    まあ、なにも変わらないんだけどね…





    ちょいと本の紹介しときましょ。
    営業マン支援のスゴい仕組み―儲けてる会社のWebマーケティング 営業マン支援のスゴい仕組み―儲けてる会社のWebマーケティング
    小松 弘明、工藤 龍矢 他 (2006/12/08)
    ダイヤモンド社

    この商品の詳細を見る



    Webマーケティングについて書いてある。



    是非、ご一読を!

    2007/06/03 10:21|仕事TB:0CM:0

    Copyright(C) 2006 元お笑い芸人社長の「道から外れる事こそ人生」 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。